忍者ブログ
GOODJOB POWER
Every Stroke be Tougher
Admin / Write
2017/09/23 (Sat) 23:32
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/12/27 (Sun) 18:52








@こんなクルーも出てた [片野 桂 野村さん 中塚 土川]



AM [UT20-24km+骨盤]
MTG [若手コーチ陣]
MTG [首脳会談]
PM [TUT]


***

距離に対してこだわりを持ち続けた結果か、


若干風邪が強い中で腰痛訴える選手がついに何人かでてきたなあ。




応力

ってきいたことあるかな。



連続する面の単位面積あたりにかかる荷重


のこと。




船体構造で例えば荷物を一カ所にばっかり積んだら穴あくけど、


分散させたら穴があかないのと同じで、


体のどっかが悲鳴を上げるのはその応力がそこばっかにかかるからなんだろう。



ていうか、たぶん正確には違うんだけど、まあ辻褄あってるし、

というかイメージがわかればいいや。




***
あと、最近、ひろしがすごっく楽そうに艇を進めている。


太郎とかも、電池がきれるまで動き続けるおもちゃみたいに、


同じ動作を繰り返し続けるから



見てると眠くなってくる。





それで結構、楽に漕ぐにはどうしたらいいか


とか、


もっと楽に漕げるはず




みたいなことを求め始めるけど、





スピードを上げると負荷は確実に増える。



アタリマエ





でもなんで楽に見えるかって言うと、





ひろしは全身でその負荷を受けてるんじゃないかなあ




とかちょっと思った。






それがうまくいかないと、体のどっかに応力がかかりすぎて、疲れやすくて、’

あれ?もっと楽にいけたのに、ってなる。



そのうち無意識にオール浅くしたり、


ミドルで艇離したりして、



どうやってもスピードでなくなってく。




んじゃないかなあ、とかちょっと思った。




たぶんこの意味で応力を使うのは正式には絶対違うんだろうけど、



イメージだけ掴んでくれればいい。




というわけで、何がいいたいかと言うと、



スピードアップ=負荷アップ → きつーくなる
全身分散、応力ダウン → 
最高



だから、




「楽」って言っても、見かけ上の話で、全身換算すると楽じゃねーんだ、と思うのだ。



重さから逃げないで、逆に全身で受け止められれば各部にかかる負荷ちっちゃくなって、


楽、っぽくなる



そのための間接の連動だあ。



とか考えてました。




長くなったからこの辺で。



結構色んな人と話せるので冬休みはおもしろいです。



PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  HOME   44  43  41  40  38  37  36  35  34  33  32 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/10 某三商大の主務]
[02/26 けいた]
[02/26 ななしさん]
[02/26 NONAME]
[02/22 ななしさん]
最新記事
(06/26)
(06/25)
(06/20)
(06/20)
(06/20)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
kzio
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]